ホーム>料金の目安
  • ホーム
  • 大柿塗装店の特徴
  • 施工実績
  • 料金の目安
  • スタッフ紹介
  • 会社案内

料金の目安

外壁塗装は同じ品質でも業者によって料金が大きく異なります

外壁塗装の料金は、塗料の種類と塗り面積の広さによって変わります。
参考として、2階建て屋根面積80㎡外壁面積130㎡の場合で598,000円~としておりますが、お選びいただくプランによって金額は上下します。
当店は明朗会計。「外壁塗装一式」というざっくりしたお見積もりではなく、その金額になった理由がはっきりわかるお見積もりをお出しします。

料金バナー

お見積もりはもちろん無料。相見積もりも大歓迎です!

施工品質が高くて安い業者に依頼するなら、塗装業者を探すのが一番です。

住宅の外壁塗装は様々な会社が請け負っています。
家を建てた時のハウスメーカーや工務店、近年ではホームセンターでも塗り替え工事の注文を承っています。
でもそれらの業者さんはほとんどの場合、受注した塗装工事を他社に発注しています。
塗装工事というのは特殊な技術が必要なため、最終的には私たちのような専門の塗装業者が行います。
つまり、お付き合いのある「○○工務店」というところに家の塗り替えを頼んでも、実際作業には「△△塗装店」という外注業者が来るのです。
単につながりのある業者が来るだけならまだいいのですが、たいていは元請けと下請けの関係にあり、ハウスメーカーや工務店は塗装の料金に一定額を上乗せしてお客様にご案内します。

業者別塗装工事料金の目安

業者 金額の目安 実際の工事
ハウスメーカー 200~230万円 塗装業者への外注
工務店 170万円 塗装業者への外注
ホームセンター 130万円 塗装業者への外注
塗装業者(塗装店) 100万円 自社で施工

 

「コストパフォーマンスで選ぶなら塗装業者に直接依頼」ですが、
訪問販売の業者は避けた方が無難です。

 

自宅の壁は住人の方でもそうまじまじと眺めるものではありません。そのため劣化に気づきにくく、訪問販売の塗装業者に「そろそろ塗り替え時期じゃないですか?」と言われて初めて気がつくという方も多くいらっしゃいます。

名刺

訪ねてきた営業マンがその場で「無料診断します」と言って見積もりを出し、そのまま契約してしまうケースがあるのですが、訪問販売の業者は避けた方が無難です。

一番の理由は料金がかなり割高であるため。営業マンが自分の足で一軒ずつ訪問して受注しているため営業コストが高く、さらに工事は自社ではなくほとんどが外注業者に依頼するため工事コストも高くなります。

そのため塗装業者に直接依頼すると100万円でできる塗り替え工事が
200万円以上の高額な見積で出てくる場合があります。

 

見積もりのポイントと項目

見積書に関してのポイント

見積り書の掲載内容で見積り書の項目が詳細に記述されていると料金に透明度が出ます。
逆に工事一式でいくら、などの不透明な見積書を提示する業者は注意が必要です。

また、見積りの際は業者の対応にも注意して観察してください。
見積り内容に対してお客様のご質問に対応出来ない事例は注意が必要だと言えます。
お客様に気持ちに合う業者選びも大切な要因です。
大切なお客様のお住まいの工事になりますので、慎重に業者を選択しましょう。

見積もり ポイント

見積もりは大きく分類すると以下の3項目になります

見積もりは大きく分類すると以下の3項目になります
  • 塗装事前工程での仮設工事費(足場設置代、養生代)
  • 塗装工事費(塗料などの材料を含む)
  • その他必要諸経費

見積もり ポイント

見積書の主な詳細項目

足場設置費

塗装作業を開始する前に家全体を囲むように足場を設置し作業台で塗料を調合致します。なお、大柿塗装店では足場を自社で保有しておりますので設置工程の作業員も、もちろん大柿塗装店の作業員になります。外部業者を介さないことが、安さと品質を実現するための最大のポイントです。

養生費

養生とは塗料などが塗装箇所以外に付着、飛散するのを防ぐためにビニールシートやテープなどで保護するためのものです。塗装箇所との距離により左右されますが、お車や植木などにも保護シートを設置する事も多くございます。

高圧洗浄費

高圧洗浄は塗装前に塗装箇所に付着しているゴミや汚れを高圧の霧(水または研磨剤入りの洗浄剤)で洗い流す作業です。塗料付着を良くするためにも必要な作業になります。水道の蛇口をお借りする場合があります。

下地調整費

塗料がしっかり付着するように下地を調整します。高圧洗浄で落ちなかった汚れなどを取り除き既存の塗料面が下地として利用できない(劣化、効力が脆弱など)場合などは既存塗料を剥がす作業をおこないます。

下地補修費

下地調整後に塗料面の凹凸などを平らな状態にします。ひび割れなどがある場合はひびを埋める作業や錆がある場合などの除去及びコーティング作業等をおこない、新しい塗料を塗りこむ作業に入ります。これにて下準備は完了となります。

諸経費

塗料缶やローラー、ブラシなどの廃棄物の処理や塗装作業時に使うマスクなども諸経費に入ります。

その他

塗料費、工程単価などの掲載も御座います。